懸賞 アクセスランキング クレジットカード徹底申込比較サイト 

【徹底比較!】 クレジットカード申込で生活向上 BY らくらく探検隊

ファイナンシャルプランナー ブルボンによる クレジットカードの得する使い方、お勧めカードなどを紹介しています。
管理者ページ 




PR


相互リンク大募集中です。お気軽にメールorコメントください。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クレジットカードには「国際ブランド」と「国内ブランド」の2つの種類のブランドがあります。
 
 国内ブランドのクレジットカードのほとんどには国際ブランドが同時に付与されているので、実用的にはあまり意識することが少ないかもしれません。

 「国内ブランド」は、日本国内でしか利用できず、「DC」「UC」「NICOS」「セゾン」などの主要なブランドがあります。
 

 国際ブランドとは、日本を含めた世界各国で国際的に利用できるブランドのことで、「VISA」「マスターカード」「JCB」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナース」が日本でも利用できる5大ブランドになっています。この国際ブランドをどれにするかが、クレジットカードを選ぶ際の重要なポイントになります。

VISA

 現在、世界でもっとも普及している国際ブランドが「VISA」です。加盟店も非常に多く、クレジットカードを持っていない場合であれば、何はともあれまず1枚はVISAのカードを作るべきでしょう。現在は日本国内でもほぼ普及し終わっており、クレジットカードが利用できる店舗であればたいていは利用できます。様々なクレジットカード会社から様々なクレジットカードが発行されているので、自分の目的にあった商品を選択することが可能です。

 VISAの唯一の弱点は、海外でもっとも利用できるカードであるにもかかわらず、海外でのサポートがJCB等と比較すると貧弱なことです。というのも、VISAカードそのもののシステムは世界で共通なのですが、サポートに関しては世界共通ではなく、各クレジットカードの発行会社のみの対応になってしまうためです。そのため、例えば海外でクレジットカードを紛失してしまった際などは、国際電話等で日本国内のクレジットカード会社にサポートしてもらいつつ、現地のクレジットカード会社に英語等で対応してもらうしかないという状況になってしまいます。

 

マスターカード

 現在、VISAに次いで世界で普及している国際ブランドが「マスターカード」です。加盟店の数ではVISAを上回り、世界最大のネットワークを誇ります。日本国内ではほぼ普及し終わっており、クレジットカードが利用できる店舗であればたいていは利用できます。
 海外でもほぼVISAと同様に普及していますが、まれに「マスターカードは利用できるがVISAは利用できない店」、あるいは逆に「VISAは利用できるがマスターカードは利用できない店」があります。
 しかし実用的にはほとんど差を感じることはない程度なので、VISAかマスターカードかで迷った場合には、とりあえずVISAを作るか、もしくは両方を作っておけば問題ないでしょう。



JCB

 日本のクレジットカード会社で唯一の国際ブランドです。
 国内ブランドとしても最大手で、以前は国内でJCBしか利用できない店舗などもあったのですが、現在では他の国内・国際ブランドも普及しているので、特別に優位な位置に立っているというわけではありませんが、東京ディズニーランドではJCBカードしか使えません。
 また、海外での加盟店は増えてきているとはいえ、他の国際ブランドと比較するとまだまだ貧弱です。
 それにもかかわらずJCBが根強く支持され続けているのは、海外における日本人向けのサポートが非常に充実しており、一般カードであってもそのサービスを受けられることが大きな理由になっています。

 JCBは電話でのサポートデスクだけでなく、海外の主要な都市に直営のJCBプラザを設けており、現地在住の専任スタッフが日本語で案内してくれます。ホテルやレストラン等の予約・案内も行ってくれるので、観光に困ったときに便利に利用できますし、緊急時には店舗が近くにあれば直接サポートしてもらえるので非常に心強い存在になります。
 海外での加盟店が少ないとはいっても、日本人が観光で訪れるような主要な都市ではかなり普及しているので、VISAとともに1枚は所持しておくと便利だと思います。



アメリカン・エキスプレス

 1850年に創業したアメリカン・エキスプレスは、世界中にまたがるカード加盟店網と130余ヶ国、1,700ヶ所以上の トラベル・サービス・オフィス網を通じ、世界中で高品質のサービスを提供しています。

 ただし、日本国内においては、同じ位置づけであるダイナースクラブと比較すると、特にサービスの面において使い勝手は今ひとつです。逆に、特にアメリカをはじめとした海外では、ダイナースクラブ以上に加盟店数、サービスともに充実し、高いステータスも持っているので、海外へ行く機会の多い場合におすすめのブランドです。

 なお、アメリカン・エキスプレスのスタンダードカード(グリーンカード)は、サービス・年会費ともに他ブランドのゴールドカードにあたり、さらに上級のゴールドやプラチナといったクラスが存在します。



ダイナースクラブ

 ダイナースクラブは、1950年に世界で初めて顧客のクレジットを基本としたサービスを始めたブランドです。スタンダードカードがゴールドカード以上のステータスを持ち、サービスを提供します。また、それに見合うだけ厳しい審査と、年会費も必要となります。

 ダイナースクラブは、海外だけでなく日本国内においてのサービスの拡充も積極的に行っているので、加盟店数に関してはまだまだVISAやマスターカード、JCBに大きく差を開けられているもの、サービスに関しては、国内と海外の両方で非常に充実したサービスを受けることができます。




>>:(◎-◎) 目からウロコ! ノーリスクFX で 資産形成へ

>>【徹底比較!】 クレジットカード申込で生活向上 TOPへ
コメント
この記事へのコメント
あまり知名度がないですが、私はダイナースが好きです。
10000円で1Pという贅沢ポイントを除けば・・・

http://mycreditcard.seesaa.net/
2006/07/03(月) 23:49:50 | URL | お得にクレジットカード #KPELiCmo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tokuotoku.blog14.fc2.com/tb.php/64-86fc58e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。